腰にコルセット

腰にコルセットをつけて、紐でぎゅーっとしめつけると理想的なクビレができあがります。
これを一日数時間するだけで、理想に近づくそうですが続けるのが難しい!
購入してから一週間続いたことがありません。
だいたい数時間しめつけたくらいで理想になんて近づくのか?
運動嫌いでみつけた方法ですけど、疑問にはなりますね。
そんなことくらいじゃあだめだって薄々、気がついてはいるんですけど試したくはなります。
あと、装着時には胃が圧迫されるから空腹になりにくくて、間食を抑えられると思っていました。
しかしそんなことはなく、お腹はすきますしお菓子も普通に食べたくなります。
正しい姿勢がとれるのはいいけど、やっぱり疲れるし体調が悪いと気持ち悪くなります。

自宅で洗える枕

去年の秋ごろに、お手軽な商品を買える事で有名な某ショッピングセンターにて『自宅で洗える枕』を購入したんです。
たしか税抜きで390円とかでした。(笑)
そのときに使用していた枕を一刻も早く交換したかったのと、安いし、洗えばいいのならと購入したんですよ。
洗おう洗おうと思っていながら結局は半年も使用してしまいました。
枕は最初に購入したときよりも、半分くらいにぺったんこです。
洗濯機に放り込めば良かったけど、手洗いをしてました。
でも絞るの難儀しましたね。
脱水だけすれば良かったんだけど意地で自分でして自室のストーブの前に。
ちょっと置いたままにしていたら、そのまま自然と水が出てフローリングに水たまり。
乾かすのも大変でしたよ。

外出は自粛するべき

現在、仕事や日常的な買い物以外で出歩いている人は自分はコロナウィルスにはかからないと思っているんでしょうね。
県内で数十人しか感染確認が出来ない県以外、今はいつ感染してもおかしくないような状況ですよ。
それなのに一日に200人以上が普通で、ましてやもうしばらくしたら1000人感染も間違いなくおこるようなところに遊びに行く人の神経がわかりません。
帰省も控えて欲しいといっているのに、なんで行くんですかね。
もちろん、半年以上がまんした状況ではあります。
家族に会いたいというのも切実かもしれません。
帰省しても何も起こらない可能性だってあります。
でも帰省したらご近所では確実に噂になりますよ。
直接言ってこないとしても非難はされると思いますし、やはり帰省して良い結果になるとは思えません。

屋根に庭

屋根に庭をつくる会社がもうかっているみたいですねぇ。
屋根のところを庭にするビジネスなんだとか。
土を入れて芝生となると、重くなるので通常の土よりも軽い、軽くて丈夫な屋上タイルを使用。
井に水が染みると心配ですが、絶対に水漏れしない仕組み。
ボルトが劣化してそこから水漏れするので釘やボルトを使わずに金属板を使用して水を流す。
微かに斜めにしておくと水が流れるようです。
リフォームでも出来るが、屋根をくり抜く必要があって平になるようにして補強をして床面を固めて都内だと300万円。
安いか高いかは人それぞれですね。
テレビで紹介されいるお宅を見ましたが、隣りの二階窓があって、自分だったら嫌だなって感じですね。
お隣のとの関係性もあるでしょうがもめごとは嫌ですね。

意見を受け入れるかどうか

あとるネット記事を読みました。
不安症で学校に行っていないお子さんを持つ母親に対して、いろんな人がいろんな意見を押し付けてくると。
悪気はないと思われる意見は母親を追い詰めているようにしか見えません。
ただ、完全に回りが悪いかというとそうでもないような。
でも決めるのは母親です。
母親が一人で頑固になっていると見られているのは不憫ですけど、少しは当たっているかもしれません。
周りの意見は聞かなくて良いと思ったそうですが、それもほんのちょっとは聞いてみるとか。
ご本人は大変でしょう。
力になりたいという人のせいでストレスにもなりますし。
何年もたったあとでお子さんの件はすすむかもしれませんがそれは結果論ですし、難しいですね。

無知というのは恥ずかしいこと

無知というのは恥ずかしいことだと思っていました。
でもその種類によっては人生が大きく変わるぐらい後悔することになると、今身をもって実感しています。
生まれた時からアトピー性皮膚炎で通院して薬を常用していました。
でも薬漬けで生きていくわけにはいかないしと、勧められるがままにやめてしまいました。
そしたら想像以上につらく、普通の生活が出来なくなり仕事もやめました。
まあ、仕事を辞めたかったからそれはちょっと言い訳もありますね。
しかし何年も引きこもり生活になりましたし、やっぱり後悔しています。
今くらいネットで検索するって身についていたら気が付いたの。
で。数年ぶりに気を付けつつステロイドを使用して、もっと早く使うべきだったとまた

目のまわりのシワが酷い

マスク着用になってから気が付いたのですが、目のまわりのシワが酷いことになっています。
しかも目じりとかじゃなくて、眉間の下あたりなんですよ。
実年齢よりもかなり上に見えるくらい、カッサカサでひび割れなシワがあって恥ずかしいです。
そりゃあ、もちろん加齢もあるだろうけれど、私の場合はアトピー性皮膚炎も関係しています。
マスクでかくれる部分はお化粧をしなくて良いような気がするけど、お昼ご飯を食べるときにほぼすっぴんで嫌ですね。
そしてすでに暑くなっているから、マスクがあると体温も上がって気持ちが悪い。
これまた私の場合は痒くなるので困ります。
目のまわりのシワについては美容液を購入して、改善していきたいと思います!

迷惑行為の末に。

119番にかかってきた電話で「火事になっちゃった」を「蜂になっちゃった」「蜂にさされた」と勘違いしてしまったそうです。
それは早とちりというかなんというか・・・。
しかしその電話をかけてきた人は今まで149回も救急車を要求している人だったというのだから仕方がないと言えば仕方がないです。
オオカミ少年じゃないけど今までの行いで緊急性を感じられなかったのなら、自業自得ですよ。
救急車は必要かと聞いたら「いらない」と答えたこともありますしね。
急病の聞き取りに専念していたら火事だったというオチです。
出動が遅れたのが死亡原因に関わるのか調べ中ということですけど、ご本人の今までの行動を考えたら電話を受けた人だけが悪いとは言えないと思います。

目を合わせられない人

目を合わせられない人は、人のことと疑わない、記憶力が良いとされているそうですけどそうですかね。
人の目を見ないので他のものを見ているから他のことを脳が処理しているですって。
人の気持ちをくみ取りやすい人とも言えるらしいけど、よくわかりません。
女性同士の友情は目を合わせることからはじまるらしいです。
同じものを注文、好きになるなど、話しを合わせるのが女性の友情だって。
友情というか当たり障りのない間柄になるための処世術じゃないですかね。(笑)
群れで一緒にいるにはいろいろありますからね~。
男性の友情は目を合わせないとき相手を認めたくないと思っているそうな。
いい意味の嫉妬やライバル心が男性の友情の源になる・・・。
女の私にはわかりません。(笑)

割り引きクーポン

最近、ヤフーオークションで割り引きクーポンがよく配布されます。
前はそんなことがなかったのに50%オフで落札できますよなんてメールがきたら、そりゃあ、無理やりにでも欲しいものを探しますよ。
上限は2000円だったので、先日、欲しいCDアルバムを購入しました。
CDなんて買ったはいつぶりだかわからないくらいです。
この半額はヤフーがもってくれているのですが、大丈夫なんですかね。(笑)
一回使ったのに少ししたらまた同じ50%オフのクーポンがきました。
最初の嬉しさとは別に、もういいかなってなりましたよ。
サイトでもはじめていて、そうなると20%オフでも喜びはないですね。
そしたら50%オフで上限が2500円というのがきて、また買うのを探しています。
おもいっきりつられています。