干しりんご

薬剤師の同僚にお土産で“干しりんご”をいただきました!
お砂糖をいっさい使用していない、やさしい味の干しりんごでしたよ。
最初に噛んだときとそのつぎに噛んだときの味の違いが私は好きです。
長野の名産だからりんごかな?
天日干しをしているそうです。
こういうひと手間もふた手間もかけたものを食べられるのは幸せです。
できればなんでも安いものが買いたいと思います。
でも安いものはどこかにひずみが生まれています。
大切なことをカットされているとか、原材料が粗悪なものとか。
目先の得を安さで得るか健康的な未来をとるか…。
なんて大げさかもしれませふと考えてしまうときがあります。
天然ものでもアレルギー症状がでることだってあるんですけどね。
お土産のお礼をなにがいいかなぁと考えています。