医者の不養生

『医者の不養生』という言葉ありますね。
現場で働いている人ほど忙しくて健康に気を使うことができない。
類語では「坊主の不信心」「儒者の不身持ち」「紺屋の白袴」「髪結いの乱れ髪」などがあります。
しかしもちろん例外の方もいらっしゃいますよ。
同じ病院に勤務している看護師さんです。
彼女と私ともう一人の薬剤師の3人で健康になる為にはとかいろいろ語っています。
私はぜんぜんだめですけそ知識が豊富な二人にはよくいろんなことを教えてもらっています。
たとえば、おしっこの色で自分の健康状態を判断するとかです。
この夏でいえば色の濃いおしっこが出たときの注意!
色が濃いのと同時に倦怠感を覚えるときは、脱水症状の可能性があるとか…。
細かいことを教えてもらいまいましたよ。
その話題が出たのはお昼休憩のときでしたし、おもいっきり食事中でしたけどぜんぜん問題ないです!
健康に対する興味は誰でも持った方がいいですから、関係ありませんよね!