首こり解消術

首や肩がこるときは、いったい何が起きているのか理解できている人は少ないようです。
頭の付け根から首という広い範囲い
深いところの筋肉、後ろの筋肉がぐっと
後頭骨の下にある筋肉、うなじ筋、がこっているということ。
その上にある僧帽筋までこってしまう
人の頭が5.6キロ、これを支え、頭の動きを制御しているので疲れやすい
顎を前に出す姿勢はよくしますよね。
テレビを診るときや、お化粧をするときにやりがちです。
うなじ筋周辺が圧迫されて首こりが進行してしまう
自宅御壁を使ってチェックできます。
かかと、お尻、背中を壁につけてもられかかるる。
全部壁いつかない人は要注意。
顎を下にするときに、頭も壁から離れてしまう人はうなじ筋が硬くなっていることがわかります。