ラブ・ケミストリー

このミスの優秀作[ラブ・ケミストリー]を読みました。
「私」が誰なのかはすぐにわかりましたが、最後まで面白く読めましたよ。
しかし最後にハッピーエンドに持っていくための手法は強引すぎましたね。
バッドエンドよりもハッピーエンドの方が好きだからそういう終わりでいいんだけども、もう少しなんとかならなかったのかな?と疑問に思います。
受賞後にタイトルも変えて加筆したのがこの本なのに、どうしてもうちょっと丁寧にいかなかったのか。
たんなる好みの問題かもしれないけど、これが「ミステリー」なのかどうかもわかりません。
ミステリーのカテゴリーに入るか入らないかは別としても、最後の最後に残念な気持ちになりました。
惜しい!という感想です。

コメントは受け付けていません。