共存するための方法

佐賀県で電柱の上に巣をつくってしまいそこから火事になるということが起きているようです。
鳥の巣があったらすぐに撤去すればいいのにと思いましたがそう簡単なことではありません。
県の鳥をカチガラスと指定したから鳥獣保護法で手は出せないんだとか。
県の鳥でカチガラスかカラスか巣を見ただけでわからない。
停電しても撤去してはいけないとか法律で守られている鳥の巣って違和感があります。
対象の地区でなければ、または許可をとれば撤去出来るそうです。
鳥だって火事になってしまったら卵も親も危ないじゃないですか。
鳥の保護のために人間もその鳥すら死の危険があるのだから、もうちょっと突き詰めた法律をつくるべきではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。