大臣の失言問題

羽生田大臣の失言問題。
またこの人かよ。
というか大臣にしていること自体がおかしいだろと思います。
「裕福な家庭の子が回数を受けることが出来るが身の丈に合わせて勝負してもらえば」
英語の民間試験が導入されて、あらかじめ挑戦した2回分が大学におくられる。
検定料は25000円以上かかるものもある。
格差をみとめるような発言をしたのに撤回しないこの人は政治家の資質は無いでしょう。
会場が都市部に多いので地方の子供は泊まりで受けなければならない、障がい者への負担が大きいなど問題点が多いと言われていたうえでの発言です。
全ての大学がこの制度を利用するわけではないが大多数が利用。
英語を身に着けるための対策はもっと他の方法でとればいいのにと思います。

コメントは受け付けていません。